突然日本を撤退する場合がある

業績が良い外資系企業の動向について把握しよう


外資系転職を希望する際は、企業の事業方針の転換や収益の減少など様々な理由により、突然日本を撤退する場合があるため、志望企業の経営状態に目を通して、様々なリスクを想定することが大切です。特に、日本国内で事業を始めたばかりの外資系企業に転職をしたい場合には、国外の支社への転勤の可能性について求職中に確認することがおすすめです。最近では、様々な業種の外資系企業の現役社員や採用担当者と就職相談ができる機会が増えているため、こうしたチャンスを利用して、各企業の動向をきちんと見極めることが重要です。なお、外資系企業に転職をしてから同じ勤務地で長くキャリアを積みたい人は、転勤を命じられる可能性が低い企業の求人を優先的にチェックしましょう。

事業の状況によって海外駐在の期間が長くなることもある


グローバルに事業展開をしている企業に転職をする時には、事業の状況によって海外駐在の期間が長くなることもあるため、なるべく国内で働きたい人は注意が必要です。例えば、外資系転職で営業や企画、開発などの専門的な職種を選択する場合は、経験や能力によって数年単位で海外勤務を任されることもあります。そうした中、外資系企業の海外駐在員の働き方について詳しく知るうえで、各業界の求職者からの評判が良い企業の転勤後の給料の条件や業務内容について、求人票をもとにしっかりと把握することが大事です。その他、時間に余裕があれば、外資系企業に勤めたことがある人の口コミに目を通して、万一勤め先の企業が日本国内から撤退した際のリスク管理についても早いうちから想定しておきましょう。