成果を出さなければ評価されない

有能な若者程、閉塞感を覚える現実


外資系企業に関心を示す方々が増えてきており、実際に転職を決意する若者も多いです。外資系企業の方が将来性がある、自分らしい働き方が出来る、待遇や給与の面で大きな魅力を感じる、グローバルなプロジェクトに関われる等、メリットは様々です。いわゆる日本伝統のファミリー型の企業は近年、現代の組織としての機能し難くなっており、有能な若い人材程、閉塞感を抱いています。

自分の持つ英語力や過去の留学経験を活用したい、今現在の上司や労働環境に強い違和感を覚えているようであれば前向きに転職を検討すべきです。今では嬉しいに働きながら、転職活動を行える求人情報サイトがあります。外資系企業の求人情報も多く掲載されており希望の職種や業界がきっと見つかるでしょう。

ただし外資系企業はシビアな評価基準です


年功序列制度や日本伝統の悪しき慣例が存在しないのが外資系企業の良いところです。若くても有能であれば成果に応じてスピード出世が望めます。一方で仕事に対する評価基準は日本の会社とは比較にならない位、シビアなのが実態です。成果を出さなければ過去の実績や所有するスキルや資格、勤務歴などに関わらず高い評価が受けられません。文字通り実力至上主義の環境下であり、有能な若者にとってモチベーションが強く刺激される世界です。

組織として寛容であり、人材の個性を大切にして悪しき慣例で若手社員を縛らない自由度の良さが外資系企業の魅力ですが、一方で仕事の成果は常にシビアに求められます。いわゆる仕事の途中経過がいくら良くても最終的な組織の利益に結びつかなければ、評価は上がらず待遇や給与は据え置かれるので、その点を充分に理解した上で転職を決意しなければいけません。